マウスコンピューター スティック型PC試してみた 件

こんにちわ。

 

ワイズファーム 柳瀬です。

 

 

今回は、コレ試してみましたレビューです。

キーボードとマウスは別売なので、BlueToothのキーボード購入しました。
マウス無しでもいいようにパッド付きにしましたが、やっぱりマウスがあったほうがいいので後で買いたしています。
なお、初期設定時にはUSBマウスとキーボードが必要でス(BloueToothの設定しなきゃイケないので)

 

今回の希望としては、テレビにPC画像を表示したい!
会議の時にPDFやエクセルの表、パワーポイントを表示したい!
たまにDVDを流したりもしたい!

 

 

故ににHDMI画像を飛ばしたい!

 

 

というお客様からのご希望に対応してみました。

しかし、HDMIを無線で飛ばす製品もいろいろ有りましたが、無線電波の安定度やもろもろの不安から、直接テレビにPC繋げたらヨクネ?って事になってこの製品にチャレンジしてみました。

 

装着はテレビのこの部分。


HDMI端子に接続するだけ、マニュアルにはコンセントから直接電源取るように書いてありましたが、おそらくテレビのUSB端子でも給電できるはずです。

うちの事務所のテレビは古すぎてUSB端子がついていないためテスト出来ませんでした。

 

さて、接続したらWindows8.1のセットアップになります。

ここは普通のWindowsのセットアップと何ら変わりません。

今回はローカルアカウントでの作成です。

MicrosoftのOutlookアカウントお持ちの方はOutlookアカウントでログインするとメールやWindowsストアなどが利用できるようになります。

 

こんなかんじでテレビ表示できました。

インストールの途中でWifiの設定も済んでいますので、早速ようつべを再生してみましょう。

 

う~ん。

でりしゃすー(・ัω・ั)

いまさらのAKBですが、可愛く動いております。

 

さて、スペックですが、中身はATOMなのでそんな程度です。

昔に比べてATOMも強力になったとはいえ、ネットブック程度のスペックです。
まぁ、当然といえば当然ですが。

 

作業用法としては、エクセルの表示、PDFの表示、パワーポイント表示、ちょっとした動画再生。

どれも単体作業であれば問題なく動作しますし、そんなに動作の遅延も気になりません。

もちろんこのPCでガッツリ作業なんてしませんので今回の目的は達成されました。

 

なお、動画を複数同時再生とかしようってのは無理な話なのでやめといた方がいいです。

 

今回導入したのは32BG版ですが、パワーポインツビューアー、エクセルビューアー、ワードビューアーをインストールした状態での空き容量は20GB。

まぁ、このPC。にデータ保存することも無いでしょうし、そんなにガッツリアプリをインストールすることもないと思うので充分じゃないかなっと思います。

 

 

その他の使用方法としては、シンクライアントPCとしての役割くらいなら果たせそうな気はします。
ここでは画面表示だけなので事務所と自宅でVPN張って自宅にはテレビとネット環境だけ置いてVNCで事務所PCを操作したりすれば自宅も事務所に早変わりって。。。だめだめ、お家ではゆっくりお休みしましょう。

 

 

ということで、今回のレビューはこのへんで。

 

なかなか楽しいPCでした。

Follow me!