vi コマンドリファレンス

■起動■
vi ファイル名 編集対象のファイルを開く(複数ファイルも可)
vi +n ファイル名 n 行目から表示する
vi + ファイル名 最後一画面を表示する
vi + /文字列 ファイル名 文字列が存在する行から表示する
vi -r ファイル名 壊れたファイルをリカバリする

 

■カーソル移動■
h , BS 1文字左へ移動(←)
j , Ctrl + N 1行下へ移動(↓)
k , Ctrl + P 1行上へ移動(↑)
l , SPACE 1文字右に移動(→)
H 画面の最上行に移動
M 画面の中央行に移動
L 画面の最下行に移動
G ファイルの最終行に移動
nG ファイルのn行目に移動
 
0 行の頭へ移動
$ 行の最後へ移動
 
Ctrl + F 1ページ下へ
Ctrl + B 1ページ上へ
Ctrl + D 半ページ下へ
Ctrl + U 半ページ上へ

 

■入力・編集■
コマンドモードでここのコマンドを入力すると入力モードになります)
a カーソルの右から入力開始
A 行末から入力開始
i カーソルの左から入力開始
I 行頭から入力開始
o 現在の行の下に1行挿入し、その行頭から入力開始
O 現在の行の上に1行挿入し、その行頭から入力開始
   
J 次の行と現在の行とを結合する
3J 下の2行を現在の行とを結合する

 

■削除■
x カーソル上の1文字削除
X カーソルの左の文字を1文字削除
dd 現在の行を削除(バッファにコピーされる)
ndd n 行、削除
dw カーソル上の一語を削除
df  カーソル位置から指定した までを削除
d$ カーソル位置から行の最後までを削除
d^ カーソル位置から行の先頭までを削除
:行1行2 d 行1 から行2 を削除

 

■検索■
/<文字列> 文字列 を検索する
?<文字列> 文字列を検索する(逆方向)
n 順方向へ検索する
N 逆方向へ検索する

 

■置換■
r カーソル上の1文字を他の1文字に置換
R カーソル上の文字からEscが押されるまでの文字列を置換
s カーソルのある1文字を他の文字列で置換
S 現在の行を他の文字列で置換
cw カーソル位置からこの語の最後までを置換
cf  カーソル位置から指定した までを置換
C カーソル位置から行の最後までを置換
:&, & 直前のsコマンドの繰り返し
:%s/置換え前/置換え後 置換え前の文字列を、置換え後の文字列で置換
もっとも近くにある文字列一つに対してのみ実行
:%s/置換え前/置換え後/g ファイルの中すべての文字列に対して、置換えを行う
~ (チルダ)

大文字/小文字を変更する

 

■カット&ペースト■
yy 現在の行をバッファにコピー
nyy n 行分をバッファにコピー
yw 単語をバッファにコピー
p バッファ内のテキストを挿入
(文字、単語はカーソルの右に、行は現在の行の下に挿入される)
P バッファ内のテキストを挿入
(挿入位置はpの逆。文字、単語はカーソルの左に、行は現在の行の上に挿入される)

 

■Undo・Redo■
u 直前の操作を取りやめる
U 行全体の操作を取りやめる
. 直前の操作の繰り返し

 

■ファイル操作■
:w [ファイル名] 現在のファイル(指定ファイル)に保存
:w! [ファイル名] 書き込みを強行
:行1行2 ファイル名 行1 から行2 のテキストをファイルに保存
:w >> ファイル名 現行ファイルの最後に書き加える
:r ファイル名 現在の行の次の行にファイルを読み込み、挿入する
:r 現在の行の次の行に現在のファイルを読み込み、挿入する
   
:args 編集ファイルの一覧を表示する
:n 複数個のファイル編集時、次のファイルを編集対象とする
:e# 一つ前の編集ファイルに戻る
:e!% 現在のファイルを再ロードして、最初から編集をやり直す
:e ファイル名 指定ファイルを編集対象とする
:rewind 現在のファイルの変更内容を保存して、リストの最初から編集をやり直す
:rewind! 現在のファイルの変更内容を保存しないで、リストの最初から編集をやり直す

 

■終了■
ZZ viを終了(内容が変更されている場合は保存)
:wq ファイルに保存してvi終了
:q viを終了(内容が変更されている場合は警告)
:q! viの強制終了(内容が変更されていても保存されない)

 

■UNIXコマンドの実行■
:!<コマンド> <コマンド>を実行する
:!! 直前の<コマンド>を再実行する
:sh 一時的にシェルに戻る。exitでviに戻る。

 

■コマンドのフィルタリング■
!<コマンド> <コマンド>を実行して結果を挿入
!!date date の結果の挿入
!!tr A-Z a-z カーソル行の大文字を小文字に変換

 

■テキスト入力の略記■
:ab <文字列> <置換え文字列> <文字列>と入力すると<置換え文字列>に置き換えるように設定する
:unab <文字列> <文字列>の置き換え設定を解除する
:ab 一覧表示

 

■その他■
Ctrl + G ファイル名、修正の有無、現在の行数などの情報が表示されます
Ctrl + L 画面を再表示
Shift + Q exで編集をする
vi exからviに戻る

 

■コマンド■
:set number, :set nu 行番号を表示する
:set no number, :set nonu 行番号の表示をやめる
:set showmode 現在のモードを表示する
:set showmatch () や {} の対応の報告をするようになる
:set ignorecase 大文字/小文字の区別なく検索する
:set autoindent 自動インデントモード
:set noautoindent 自動インデントモードをやめる
:set all すべてのオプションを表示する

 

■.exrcの例 (viの設定ファイル)■
set tabstop = 4
set showmode
set autoindent
set nonumber
set showmatch

Follow me!